水墨 (粋・朴 Sui - Boku) 

クリエーター 

 遠澤 尚史(とおざわ なおふみ)

◇ 宮城県大崎市岩出山出身 

◇ 1970年10月6日生まれ

◇ 東北生活文化大学卒業 家政学部・生活美術学科 油絵専攻

◇ 1998年~2009年 宮城県公立中学校にて美術科講師~

      教諭として勤務

  河北美術展 入選2回(洋画部門)

◇ 2010年~宮城県内の物流会社にて貨物運行管理資格者として勤務

◇ 2014年~宮城県内の中古商用車専門店で中古車販売士として勤務

◇ 2015年11月~水墨クリエーターとして宮城県内にて制作活動中

 

 この度、水墨イラストを中心として制作活動をフリーにて行うことにいたしました。絵を描くこと、愛してやまないクルマを通してたくさんの人々と関わりが持てたらと思い現在至りました。

 昨今のクルマは、かつての憧れや希望の象徴であったそれとは趣が変わり一家に一台、移動も輸送にも便利な、冷蔵庫や洗濯機、テレビ等のいわば「白物家電」と揶揄する向きもあるようです。電気自動車やハイブリッドカー、軽自動車といった「エコ・環境性能」を重視した新車が新車・中古車販売台数の多数派となっているので仕方のないことなのかもしれません。

 そのような中、若者の「クルマ離れ」も深刻になりつつあるということもよく耳にするようになりました。それでも、クルマが「好き」だから乗る、「好きな」クルマだから乗るといった人も決して少なくはない、「愛着」をもって乗られている方も多いということを中古車販売に関わり感じました。私のクルマを観る目線でイラストを描くことで、クルマの何が魅力なのかを感じてもらえたら思い、日々表現に工夫を加えながら制作に励んでおります。

 もっともっとそのクルマのもつ魅力や本質的な美しさ、所有者の「特別な愛車」らしさを表現し作品を制作していきたいと強く思っています。